2つの「ひまわりさん」(手塚治虫、菅野マナミ)

最近「ひまわりさん」(菅野マナミ著)という漫画を読んで、手塚治虫さんの「ひまわりさん」を思い出しました。

どちらも女性が主人公の漫画ですが、それぞれ味わいがあります。

シロンちゃん
シロンちゃん

ひまわりのイメージは明るくてあったかいにゃ

スポンサーリンク

2つの漫画の概要

2つの漫画について概要を表にしてみました。

手塚版「ひまわりさん」菅野版「ひまわりさん」
発表年1956年(短篇)2009年~2022年(長編)
作者手塚治虫菅野マナミ
ひまわりさんの職業学生(中学生?)ひまわり書房の店長(21歳)
ひまわりさんの容姿ショートヘアで
パンツスタイル
ミステリアスな感じの
ロングヘアの眼鏡美人
ロングスカートをはいている。
ひまわりさんの性格男勝りで柔道の達人
言葉遣いは悪いが
優しいボクっ子
あだ名は風の神、ピューコ
(本名:日由子-ひゆこ)
そっけない喋り方
何を考えているか不明
でも優しい
ストーリー「そよ風さん」の続編。
生き別れのお母さんを探している
お友達のそよ風さんが、
誘拐されてしまい、
ひまわりさんは三太と一緒に助け出す。
高校生のまつりちゃんに
異常に好かれてしまう。
そっけないひまわりさんの
ハートフルな日常。

1956年代ってどんな頃か

手塚治虫さんの「ひまわりさん」の発表年の

1956年は、昭和31年です。

第二次世界大戦が終わったのは

昭和20年なので、その11年後です。

1964年の東京オリンピックでテレビが

飛躍的に一般家庭に普及したらしいので

テレビもそうそうない時代。

戦後の日本の、まだまだ豊かな時代への

道のりは遠かった時代のようです。

手塚治虫さんの「ひまわりさん」の魅力

ひまわりさんは男勝りで柔道の達人。

男の子の子分もたくさんいます。

正義感が強くて優しい子です。

とってもカッコイイです。

ひまわりさんのお父さんは、

女の子らしくなってほしいと

そよ風さんにお願いしますが

私が思うに、全然そのままです。

ひまわりさんサイコー!

菅野マナミさんの「ひまわりさん」の魅力

高校生のまつりちゃんが

ひまわりさんのことが大好きで

猛烈にアタック(?)します。

きれいで優しいお姉さんに憧れる妹という感じです。

ひまわりさんはクールに誘いを瞬殺しますが

きらいではないようです。

そんな二人の穏やかな日常が楽しいです。

書籍情報

手塚治虫さんの「ひまわりさん」は手塚治虫漫画全集の「そよ風さん」の中に収録されています。

菅野マナミさんの「ひまわりさん」は、MFコミックス アライブシリーズで全13巻です。

おまけ:昔の漫画は意外と面白い

自分が生まれるずっと前の漫画は

昔のことがわかって面白いです。

TVが各家庭に普及してないとか

電話も各家庭に普及していないとか

車もあまり走ってない

洋服でなく、和服とか。

この時代はこうだったんだなって

歴史に興味が出てきます。

そして昔の漫画は、スピードが速い。

サクサク話が進みます。

現在は入手困難なものが多いので

図書館とかであれば

閲覧するのがよさそうです。

↓よかったらクリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 漫画ブログ 漫画備忘録へ
タイトルとURLをコピーしました